せどり

せどりの失敗例【僕の実話】失敗例を事前に知ることで失敗を回避【初心者必見】

こんにちわ。こんばんわ。カミノリです!

せどりを始めたばかりの人や、これからせどりを始めようとお考えの方は、

「失敗したらどうしよう」
「大損したらどうしよう」

と、こんな不安を抱えている方は多いと思います。

 

失敗は成功の元
で失敗することで得られることも往々にしてあると思いますが、
わざわざ失敗しなくても良いこともあります!

また、せどりでの失敗=お金に関すること
が多くて、少額ならまだいいですが、
もしかすると大損してしまう可能性もありますので、
そんな失敗は絶対にしない方が良いです!!

 

なので今日は、
僕が過去にやってしまった、せどりでの失敗談をお話しようと思います。
失敗を公開するのは正直恥ずかしいですが、
これを話すことで同じ失敗をする人が減ってくれれば本望です!

これを教訓にして頂ければ、あなたは同じミスをしなくて済みますので、
ぜひ参考にしてください!

 

本記事のテーマ

せどりの失敗例【僕の実話】失敗例を事前に知ることで失敗を回避【初心者必見】

 

 

読者さんへ

カミノリ
カミノリ
本記事では、過去に僕がやってしまった実話の失敗談を赤裸々にお話しています。

僕の失敗談は、せどりではアルアルだと思うので、
この記事を見ても、もしかしたら同じミスをしてしまう可能性はあります。

でも、この記事を見ることで、

軽傷を ⇒ 無傷に
重症を ⇒ 軽傷に

することは出来ると思いますので、
ぜひ参考にして頂きたいと思います!

それではよろしくお願いいたします。

 

せどりの失敗例

僕のせどりの失敗例は、以下の6つです。

【仕入編】
・ダイソン掃除機事件
・GoPro事件
・仕入時の検索ミス
・出品許可申請が必要だった

【出品編】
・出品金額の入力ミス
・販売してはいけない商品を出品した

どれも鮮明に覚えていることばかりで、
少額の損~大損したものまで津々浦々。

それではそれぞれ詳しく解説していきます。

 

せどりの失敗例①ダイソン掃除機事件

損レベル :軽傷
アルアル度:◎

これはアルアル度◎の失敗例です。

どういう失敗かと言うと、
【仕入れた時は利益商品だったが ⇒ 納品してからライバルが急増 ⇒ 利益薄に】
という失敗です。

どうしてこういうミスになったかと言うと、
モノレートの未来予想が出来なかったからです。

 

カミノリ
カミノリ
モノレートって何?という方は、
せどりに不可欠なモノレートの見方を解説!モノレートを制する者はせどりを制す!
まずはコチラの記事をご覧ください。
せどりに不可欠なモノレートの見方を解説!モノレートを制する者はせどりを制す!これからせどりを始めようと考えていて色々調べている方や、 せどりを始めたばかりという方は、 モノレートというツールを一度は耳にし...

僕が仕入れたダイソンの掃除機はこれです。

ASIN:B07BHGW5NZ
JAN:5025155035368

 

で、モノレートがこんな感じ。

この画像を見ると、「なんで仕入れたん?」
と思われるかも知れませんが、

縦の赤線部分が僕が仕入れた日なんですが、
その時点でのモノレートはこんな感じです。

買ってしまうでしょwww

 

価格は安定していてむしろ右肩上がり
出品者数も安定
ランキングの変動も申し分無い
利益も1台当たり約7,500円
仕入金額が29,000円だったので利益率も17.8%と悪くない

 

これをケーズデンキで合計20台仕入れました。

見込み利益7,500×20=150,000円
この日はウハウハでしたね( ´∀`)足取りも軽やか(^^♪

 

しかし蓋を開けてみると、

2日後に出品者が爆増!!
しばらく様子を見ましたが、
出品者の数が減ることは無く、
出品金額も元に戻らなかったので、
仕方なく、37,000円で売ってしまうことに。

利益も、当初の見込み利益150,000円とは程遠い、
1台当たり2,500円×20台=50,000円になってしまいました。

 

まぁこのダイソン事件に関しては、
予定利益が10万円も減ってしまったものの、
赤字ではなかったので、軽傷で済みました。

 

せどりではモノレートを読む力が非常に大事です。

このダイソン事件で得た教訓は、
店単位でやっているセール品には注意が必要だと言うことです!

 

他のせどらーさんもケーズデンキに行けば、見逃すはずがないので、
自ずと出品者数も増えます。

この事例のモノレートの未来予想をするのは至難の業ですが、
僕はこれを経験したことで、これ以降セール品の仕入は慎重になりました!

 

カミノリ
カミノリ
慎重になっていたはずなんです…

 

せどりの失敗例②GoPro事件【仕入編】

損レベル :大傷
アルアル度:◎

ダイソンの一件で、セール品には気を付けていたはずだったんですが、
またやってしまったんです。
それがGoPro事件。

 

これもダイソン事件と同じく、
【仕入れた時は利益商品だったが ⇒ 納品してからライバルが急増 ⇒ 赤字
という失敗です。

このGoPro事件に関しては、大赤字になってしまいました。

 

僕が仕入れたGoProはこれです。

ASIN:B07H8Z5DZ4
JAN:0818279023237

 

で、モノレートがこんな感じ。

仕入れた時点でのモノレートは、

これも仕入れてまうよーー( ゚Д゚)www

 

価格は安定
出品者数も安定
ランキングの変動も申し分無い
利益は1台当たり約3,500円
仕入金額が27,000円だったので利益率は10.6%と
少々薄いがGoProは即売れなんで問題無し

 

これをエディオンで合計30台仕入れました。

見込み利益3,500×30=105,000円
この日も超ウハウハでした( ´∀`)

 

しかし蓋を開けてみると、

2日後に出品者が爆増!!
出品金額も激減!!
これもしばらく様子を見ましたが、
出品者数はちょいちょい減るものの
出品金額が元に戻らず
仕方なく、27,000円で売ってしまうことに。

 

利益はと言うと、当初の見込み利益105,000円
27,000円で損切したことで、
1台当たり-2,800円×30台=84,000円の赤字

 

これはだいぶ痛かったですね。
だって、利益105,000円が-84,000円ですからね。
その差189,000円
ショックが大きいです。

 

この2つの事例から分かるように、
せどり歴3年の僕ですら、モノレートの未来予想は非常に難しいです。

なので、もし出品金額が下がってしまったとしても、
出来るだけ被害を最小限にする為には、
仕入金額を下げるしかないです!

 

出来る限り値切りをして、しっかり利益を確保することが非常に重要になってきます。

 

カミノリ
カミノリ
値切りの方法については、
せどりの値切り交渉の方法を現役せどらーが教えます【魔法の言葉を使い倒そう】
コチラの記事で解説していますので、どうぞ。
せどりの値切り交渉の方法を現役せどらーが教えます【魔法の言葉を使い倒そう】ども!カミノリです! 今日は「値切り」についてお話ししていきます。 せどりで稼ぐ上で、めちゃくちゃ大事になってくるの...

 

せどりの失敗例③仕入時の検索ミス【仕入編】

損レベル :大損
アルアル度:◎

これもアルアル度◎の失敗例です。

どういう失敗かと言うと、
【仕入時の検索ミスで ⇒ 別の商品を検索し仕入れてしまった ⇒ 大損】
という失敗です。

 

どうしてこういうミスが起こるかと言うと、
2パターンあります。

1.同じバーコードでもセット売りの商品がある
2.お店がバーコードを貼る位置を間違っていて、それに気づかず仕入れてしまう

 

1.同じバーコードでもセット売りの商品がある

一つ目のパターンはこれです。

 

どういうことかと言いますと、
数違いの商品が存在する時がある

 

このようなパターンです。

 

仕入時にバーコード検索をした時に、
一番数が多い6個セットのデータを見てしまっていて、

「よっしゃ!利益利益~」

と、注意深く内容を見ずに仕入れてしまい、
実は間違っていたというパターンです。

 

結構やってしまいがちなので、注意しましょう!!

 

お店がバーコードを貼る位置を間違っていて、それに気づかず仕入れてしまう

これも割と多いです。

 

店員さんがバーコードを貼る位置を隣の商品と間違って貼っていて、
それに気づかず別の商品を検索していて、

「よっしゃ!利益利益~」

と、なってしまうパターンです。

 

これを防ぐには、
お店が貼っている商品のタグだけを検索するのではなく、
利益商品を見つけたら、しっかり商品自体のバーコードで再検索すれば、このミスは無くなります!

ではなく、

も検索するように癖付けましょう!

 

せどりの失敗例④出品許可申請が必要だった【仕入編】

損レベル :大損
アルアル度:○

これはアルアル度○くらいで、損害は大損ですね。

 

どういう失敗かと言うと、そのままですね。
【出品許可が必要で、実は販売出来ない商品だった ⇒ 丸々大損】
という失敗です。

 

仕入額30,000円だけど見込み利益10,000円!
よっしゃーーー!と即買いした所、
実は出品許可申請が必要で出品出来なかって、
30,000円丸々損した経験があります。

 

これを防ぐには、特に初めて購入するメーカーやブランドの商品は、
仕入れる前にセラーセントラルで自分は出品できるのか確認すれば大丈夫です!

 

カミノリ
カミノリ
出品許可の確認方法などについては、
Amazon出品許可申請の方法【1クリックで解決するかも知れません】
コチラの記事で解説していますので、どうぞ!
Amazon出品許可申請の方法【1クリックで解決するかも知れません】 「出品することが出来たら、利益が出るのに…」 とせっかくの利益商品を前にして諦めたことはありませんか?...

 

せどりの失敗例⑤出品金額の入力ミス【出品編】

損レベル :軽傷~大損
アルアル度:△

これはアルアル度△くらいで、損害は軽傷~大損ですね。

プライスターなどで価格変更をしている時に、
PCの操作ミスなどで、出品金額を打ち間違えてしまい、
それに気づかずに、そのまま売れてしまい、損するパターンです。

 

これに関しては、気を付けましょう!としか言いようがないですw

 

しっかり自分の利益を確保する為に、
納品時の価格設定や、価格変更時には気をつけて入力するようにしましょう!

 

余談ですが、せどりをやるにはプライスターという神ツールがおすすめです。

プライスターは、価格改定や納品、在庫管理や売上管理などが一括して出来る本当に使いやすい神ツールです!

僕はせどりを始めた当初から使っていて、手放すことが出来ない神ツールです。

カミノリ
カミノリ
プライスターについては、
プライスターの使い方を解説【初心者必見】【おすすめ設定方法あり】
コチラの記事で解説していますので、どうぞ!
プライスターの使い方を解説【初心者必見】【おすすめ設定方法あり】ども!カミノリです! 今日はAmazonせどりの神ツール【プライスター】の使い方について 解説していきます! プラ...

 

せどりの失敗例⑥販売してはいけない商品を出品した【出品編】

損レベル :大損
アルアル度:△

これはそれほどアルアルではないですが、たまーにあります。

先ほどの【出品許可申請が必要だった】とはちょっと違っていて、
出品は出来るけど、【商標権侵害】によって出品してはいけない商品だったパターンです。

 

この画像は、僕が商標権侵害に該当する商品を知らずに出品してしまって、Amazonから届いたメールです。

 

このメールが来た時は何のことか分からず、
ただただ焦りました。
【商標権侵害】とか言われたら、とんでもないことをしでかしてしまったのではないか。とヒヤヒヤしました。

 

要するに、この商品を販売する権利は、商標権を持っている人だけなので、権利を持っている人からAmazonにメールが入り、
僕の元へメールが届いた という流れです。

 

でも初めてこのメールが来た時はヒヤヒヤしますwww

 

ていうか、そもそも、こういう商品はAmazon側で出品できないようにしておいてほしいですよね!w

どの商品が商標権が有って無いかなんて知るか!
というのが本音ですwww

 

このようなメールが来た時は、僕のように焦らず、
すぐに出品停止にして、商品を返送し、メルカリやリサイクルショップなどで売ってしまいましょう!

カミノリ
カミノリ
商品の返送方法については、
Amazonせどりの返品された商品の返送の方法を解説【初心者必見】
コチラの記事で解説していますので、どうぞ!
Amazonせどりの返品された商品の返送の方法を解説【初心者必見】Amazonせどりを始めたばかりで 商品の返送方法が分からないという方の為に 今日は画像を使って詳しく解説していきます! ...

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今日は、僕のせどりの失敗例を赤裸々にお話しました。

 

この記事を最後まで読んで頂いたあなたは、
僕と同じミスをせずに済むはずです。

もし同じミスをしてしまったとしても、軽傷で済むはずです。

 

ぜひ参考にして頂き、あなたのせどりライフが最高のものになることを願っております!

 

それでは今日はこの辺で!
またお会いいたしましょう!

 

ブログを書く励みになりますので、今回の記事が参考になったという方は応援クリックをお願いいたします。
▼   ▼   ▼   ▼   ▼   ▼
ブログランキング・にほんブログ村へ
コチラの記事もおすすめです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。