バンド

バンドのスタジオ練習を効率良く行う方法|元バンドマン|現会社経営者が解説

この記事を見ているということは、
今あなたのバンドは、バンドのスタジオ練習で
何らかの原因で効率良く練習ができていない状態だと思います。

 

普段の家での練習でも効率良く練習したいですし、
お金が発生しているスタジオ練習では特に
効率良く練習をしなければいけません!

 

そこで今日は、
元バンドマンで、
現フリーランスとして個人経営をしている僕が、
バンドのスタジオ練習を効率良く行う方法について
自分の体験談を交えながら解説します!

 

話の前半戦は、
そもそもバンドが普段から意識しなければいけないことについて、

後半戦では、
具体的にどのように練習をすればいいかについて、

解説しています!

 

前提としてこの記事は、
あなたのバンドが趣味のコピーバンドではなく、
これから本気でプロを目指しているバンドとして
話を進めていきますので、よろしくお願いいたします!

しかし、趣味のコピーバンドでも
練習方法について参考になると思いますので、
最後まで読んで頂ければと思います!

 

少しでもあなたのバンドの力になれればと思いますので、
是非とも最後までご一読ください!

 

【こんな人におすすめ】

・バンドのスタジオ練習がいつも上手くいかない。

・どうやって練習すればいいか分からなくなってきた。

・他のバンドはどうやって練習しているのか知りたい。

 

 

バンドが意識すべきこと①バンド=会社ということ

バンドでのスタジオ練習の方法を解説していく前に、
まずバンドが普段から意識していなければいけないことについて
解説していきます!

 

僕は今から約15年前にバンドを結成して、
そこから約7年間、プロのバンドマンになる為に
当時勤めていたPanasonicを辞めて、
本気で毎日頑張っていました!

 

バンド活動をしていた7年間で、気づいたことは、

「バンド=会社」

ということです!

 

会社でいう営業や実演販売は、バンドでいうライブです。
会社でいう商品開発は、バンドでいうレコーディングです。

 

このように、
「バンドで売れる」ということは、
「会社を起業する」ことと全く同じなんです!

 

バンドマンはこのことにいち早く気づかなければ、
効率の良い練習なんてものは、到底できません。

なぜなら自分達の立ち位置を理解できていないからです!

 

この、「バンドで売れる=会社起業」という気づきは、
僕達のバンドを飛躍的に効率良く活動させるきっかけとなりました!

 

僕達は自分達でそのことに気づいたので、
そこに行きつくまで少し時間が掛かってしまいましたが、
この記事を読んで頂いているあなたは、
今日気づくことができました!!

 

是非この「バンドで売れる=会社起業」という意識を
あなたのバンドで共有してください!!

 

バンドが意識すべきこと②会社では時間効率が肝心|バンドも同じです

次にバンドが意識すべきことは、

「時間効率」

です!

 

先ほどお伝えしたように、
バンドは会社と同じです。

 

会社では効率の良い仕事を意識するのに、
バンドではなぜかそれを意識しないバンドマンが非常に多いです!

 

バンドは、全メンバーが、全活動において、
常に効率を考えて活動するようにしてください!!

 

バンドで売れたいと考えるなら、
時間は無限にはありません。
それなりに少なからず年齢的リミットもどうしても存在します!

 

だから、

ふだん家でする練習から、
スタジオ練習、
アルバイトから、
ライブ当日の行動まで、

全てにおいて効率良く活動する必要があります!!

 

バンドマンは会社での仕事と同じく、
時間効率を常に意識するようにしてください!!

 

バンドが意識すべきこと③バンドのスタジオ練習は個人練習とは違う

次は、

「バンド練習は個人練習とは違う」

ということです!

 

当たり前のように思うかもしれませんが、
どういうことかと言いますと、

例えば、
ギターボーカル・ベース・ドラム
の3人バンドだった場合、
それぞれの楽器のクオリティーは、
スタジオ練習までに(理想は)完璧に演奏できる状態
しておかなければいけません!!

 

スタジオ練習はあくまで「バンド」としての練習な訳で、
アンサンブルやグルーブなどを
ライブの為に合わせていく為の時間です!

 

しかし、このバンドのスタジオ練習で、
それぞれの楽器のクオリティーを練習してしまうバンドが非常に多いです!

 

それは家で、個人で練習してこなくてはいけない部分です!

 

せっかくお金を出して、貴重な時間をバンド練習にあてるのだから
ここでも効率を意識しなくてはいけません!!

 

なので、曲のクオリティーはスタジオ練習までに
個々でしっかりと練習してくるようにしてください!

 

もし、曲を作ったばかりなどで、
どうしてもそれぞれの楽器のクオリティーが低い場合は、

できない部分やフレーズは、個々で持ち帰って、
次のスタジオ練習までに確実にできるように
個人練習するようにしましょう!

 

バンドのスタジオ練習は、あくまでバンドのアンサンブルを
合わしていく時間です!

 

貴重な時間とお金を無駄にしないように、
毎日の個人練習を、それぞれの楽器が、
集中して練習に取り組むようにしましょう!!

 

バンドが意識すべきこと④バンドは常に目標と目的を意識する

バンドが意識すべきことの最後は、

「バンドは目標と目的を意識する」

ことです!

 

あなたは「目標」と「目的」の違いをご存じでしょうか?

 

・目的とは、
成し遂げたい、到達したい、と最終的に何を目指すのか。
というモノ。

・目標とは、
目印という意味にもあるように、
成し遂げる為に、到達する為に設ける
チェックポイントのようなモノ。

 

になります!

 

これをあなたのバンドに当てはめて考える必要があります!

 

目的が、

・プロのミュージシャンになって、お金をいっぱい稼いで有名になりたい!

なのか、

・プロのミュージシャンになって、地元の地域活性に貢献したい!

とでは、活動内容や活動する意味も違ってきます!
それに付随して、それを達成する為の目標も違ってくるのです!

 

この「目的」と「目標」設定も、
会社を起業するとしたら、必ず考え設定しますよね?

 

いつ起業して、いつまでに○○万円売上を立てて、
従業員を何人雇って、出た利益で事業投資して、

と色々なことを考えます!

 

バンドでも同じことを考える必要があるんです!!
でもなぜかバンドとなると、
そこまで考えているバンドは非常に少ないです。

 

当時の僕の体感だと、
こういうことを考えて活動していた対バンバンドや
知り合いバンドは、全体の5%程だったと思います。

当然残りの95%のバンドは売れることはありませんし、
この5%の中のバンドでもプロになったバンドは、
ほんの数バンドだけでした。

 

あなたのバンドは、まずこの5%に入る必要があります!

 

プロになる為にはまず、
自分がバンドでしたいことや叶えたい夢などの「目的設定」と、
それを叶える為の「目標設定」を
あなたのバンドで共有することが必須になってきます!!

 

バンド練習、引いてはバンド活動は
こういったことを、しっかりメンバーと話し合ってから
行うようにすると、
それぞれのベクトルが一致し、
同じ方向に向かって努力することで、
飛躍的な速度で成長することができるのです!!

 

バンドのスタジオ練習①準備と撤収は10分以内

では、ここから後半戦の、
具体的な練習方法についてお話していきます!

 

方法をお伝えしていく前に、1つ注意点がありまして、
前半戦にお伝えした4つの意識をバンドでしっかり共有できたら
ここまで進んでください!!

 

まだ4つの意識がバンドで共有されないまま、
いくら練習をしても正直、時間の無駄だと考えています!

 

まずはメンバー全員でしっかり話し合って、
4つの意識を共有することから始めてください!

 

話ができたら、
バンドのスタジオでの練習では、

「準備と撤収は10分以内に」

行うようにしましょう!

 

何度もお話しているように、効率が命です!

 

バンドのスタジオ練習の2時間3時間はとても貴重な時間です!

 

僕達のバンドはスタジオ練習でもライブリハーサルでも
ライブ本番前でも、
常に準備を徹底的に早くすることを意識していました!

可能な限り早くです!!

 

スタジオ練習では、
2時間という枠の中で、準備と撤収にそれぞれ15分掛かったとしたら、
120分 - 30分 = 90分

残りの90分しか練習することができません!
少しでも多くの時間練習する必要がありますので、
セッティングはできる限りスピーディーに行いましょう!!

 

また、ライブリハーサルやライブ本番前のセッティングでも
同じことが言えます!

だらだらセッティングすれば、その分、
リハーサルできる時間が減りますし、
ライブで使える時間も減ってしまいます!

 

プロのミュージシャンになる目的と目標が定まっていれば、
こんな行動になることはありません!

 

何度もくどいようですが、
「目的」と「目標」をしっかり定めて、
日々の練習でも、時間を意識することが
とても重要です!!

 

バンドのスタジオ練習②音合わせも10分以内

スタジオでの練習では、セッティングと同様に、

「始めの音合わせも10分以内に」

行うようにしましょう!!

 

先ほどの、準備と撤収をそれぞれ10分で出来たとすると、

120分 - 20分 = 100分

になります!

 

スタジオ練習ではとにかく時間を意識して、
少しでも多く、バンドとしての練習時間を確保したいので、
始めに行う音合わせも10分以内に完了しましょう!

 

そうすることで、

100分 - 10分 = 90分

練習することができます!!

 

これを、
セッティングにそれぞれ15分ずつ、
音合わせに20分かかる、だらだらパターンで見てみると、

120分 - 15分 - 15分 -20分 = 70分

なんと70分しか練習できないんです!
2時間のスタジオ練習枠で実質たったの1時間10分の練習。

 

これではプロになれる確率はグンと減りますね。

 

日々のスタジオ練習から時間を意識することの大切さが
お解り頂けたかと思います!!

 

バンドのスタジオ練習③事前に何の練習をするのかを決めておく

何度も口酸っぱく言うようですが、
バンドは時間効率が命です!

 

さっきの説明で、せっかくセッティングと音合わせを早くしたのに、
何を練習するかが決まっていなければ全て水の泡です。

 

バンドのスタジオ練習は、スタジオに入る前に、

「スタジオではこの練習をする」

と決めてからスタジオ入りするようにしましょう!!

 

僕がバンドをしていた頃は、
前日までにスタジオで何の練習をするかを決めてから
スタジオ入りしていました!

 

そうすることで、効率的に練習することができるのです!

 

また、これも何度も言うようですが、
バンドのスタジオ練習は、あくまで、
「バンドとしてアンサンブルやグルーブを合わせていく」時間です。

 

個々で練習する必要がある部分があるなら、
持ち帰って、それぞれで練習するようにして、
バンドのスタジオ練習では、しっかり音合わせや、
共通意識が必要な部分のフレーズ練習などをするようにして、
バンドとしてのレベルをドンドン上げていくようにしましょう!!

 

バンドのスタジオ練習④合わない部分を徹底的に練習する

個々での練習をやってきて、
それぞれでは完璧に演奏できているのに、
たまに、なぜかどうしても合わない部分が出てきたりします。

 

こういった場合は、

「徹底的に練習」

するようにしましょう!!

 

バンドでのスタジオ練習はその為にあります!

 

・何が原因で合わないのか?
・それぞれが持つビート感は一緒か?
・それぞれその曲に対して共通した認識を持っているか?

 

など、徹底的に洗い出し、
曲としての完成度を上げるようにしましょう!

 

ライブが近いようであれば、

・曲と曲の繋ぎ部分をどうするか?
・MCはどのタイミングで誰がするか?
・ライブ全体をどう魅せるか?

など30分のライブで、今自分達ができる最善は何なのかを
徹底的に考えるスタジオ練習にするようにしましょう!!

 

このような日々の積み重ねが、
プロになる為に必要な努力ですので、
しっかり行うようにしましょう!!

 

 

【まとめ】

1.バンドが意識すべきこと①バンド=会社ということ

2.バンドが意識すべきこと②会社では時間効率が肝心|バンドも同じです

3.バンドが意識すべきこと③バンドのスタジオ練習は個人練習とは違う

4.バンドが意識すべきこと④バンドは常に目標と目的を意識する

5.バンドのスタジオ練習①準備と撤収は10分以内

6.バンドのスタジオ練習②音合わせも10分以内

7.バンドのスタジオ練習③事前に何の練習をするのかを決めておく

8.バンドのスタジオ練習④合わない部分を徹底的に練習する

 

いかがだったでしょうか?

今日はバンドのスタジオ練習を効率良く行う方法について、
僕の経験からプロになる為に必要な意識を交えながら解説しました!

 

今プロを目指して頑張っている方、
これから真剣にバンドを始めようとお考えの方などの、
少しでもお役に立てれば、僕は本当に幸せです!

 

僕が叶えられなかった夢を、
この知識や経験があなたの役に立てれば、
こんな嬉しいことはないです!

 

是非、日々の練習から、

「バンド=会社」

という意識を持って練習に活動に励んで頂ければと思います!!

 

また、コチラの
バンドの上手な練習方法
という記事でも分かりやすく説明されていますので、
是非ご一読ください!

 

それでは今日はこの辺で!
またお会いいたしましょう!

ブログを書く励みになりますので、今回の記事が参考になったという方は応援クリックをお願いいたします。
▼   ▼   ▼   ▼   ▼   ▼
ブログランキング・にほんブログ村へ
コチラの記事もおすすめです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。